このブログがはじめての方はこちらから★

★新しいドアが開くとき

立派なタケノコをいただいたので、

今日はタケノコ料理をしたいと思います!

(献立が決まってるなんて、珍しい♡)

福岡はポカポカ26℃の氣温で、昨日、お布団のお悩みを吐露しましたが

今夜は暑くなりそうなので、お布団を春夏仕様に変えました。

冬のお布団をコインランドリーに持っていったのですが、

家の近くに出来たコインランドリーが最新すぎて

毎回、ドギマギしてます。

最近のコインランドリーって、ほぼ、カフェですね(笑)

家の近くのところはすべてがスマホで完結できて

しかも、いつも清潔にされてて

終わったら袋詰めまでやってくれるのですごく助かります。

毎回、お布団の洗濯・乾燥が苦痛で仕方なかったんですが

家の近くに出来てくれてありがてええ~~


文明の利器!文明の利器!!


明日は、残りのお布団を持っていきます!

待っとけよ、ランドリー!(もう慣れたぞ!にやり)




新しいドアが開いた感じがする

目覚めの段階において、さまざまな体感を得ると思いますが

「新しいドアが開いた感じがする」は、まさにそのサインです。

ドアが開くと、クリアに見えます。

空や、景色、自分自身の細部までもがクリアになっていきます。

一色淡にみえていたぼやけた世界から、

「必要なもの」が見えてくるという感じでしょうか。



もちろん、何かが起こったわけでもなく現実が変わってくるのは

その後です。



ただ、「何だか分からないけど」「なんとなく」をセンサーにして

視界が開けたような感じになるんです。



この道を行くしかないと感じる

不思議なのは、その最中は何が起こっているか分からないということです。

分からないからこそ、旅路にフォーカスできます。

分かってしまうと面白くないので、ストーリーの結末は知らないでおいたほうがいいと

スピルバーグ監督が言ったように。(知らんけど)



ですが、ひとつ強烈に感じるのは

何があるかは分からないし、どんな結末かは分からないけど

「この道を行くしかない」と感じることです。



そうやって、目の前に現れるドアを【怖いけど】手探りで開けて

進めば、未知なる景色が広がっていく、

そのドラマティックな展開が、

私たちってよっぽど好きなんだなと思います(笑)

たぶん、きっと全人類スピルバーグの見過ぎなんだと思うんです。(知らんけど 笑)



タイミングが命

目覚めのタイミングは人それぞれです。

遅いも、早いもありません。

「あの人は早い、遅い」と他人の心配をする必要もありません。

正解はありません。



ですが、タイミングが命です。



宇宙は1秒も狂いませんから、(そもそも時間の概念がない・・・)

「そのタイミング」でバッチグーです。

あなただけのタイミングでOKですから、

焦らずいきましょう。



もし、いまウェイクアップコールで目まぐるしい朝を迎えているなら

ぜひ、その目覚めを楽しんでください。



そうじゃないなら、スピルバーグでも観ていましょう。

ポップコーン頬張って、次の日起きたら自転車で空飛んでるかもしれません(笑)

それでいいのです。



★5次元をいったりきたり、御一緒に

(ただし下ネタ注意ww)⬇⬇

【秘密のお部屋】ができました

タイトルとURLをコピーしました